BLOG結婚式・ウェディングに関わる役立つ情報

結婚式 二次会 の予算とマナー説明書

結婚式 二次会 の予算とマナー説明書

結婚式二次会をやろうかな?

と、考え始めると二次会の予算とマナーについては気になります。

今までは招待される側だった結婚式二次会を自分達で主催する訳ですから不安もあると思います。

そんなお二人の為に、気になるお金のお話やマナーについてプロがしっかりお話しします。

 

結婚式二次会を開催する場合にはゲストにしっかりと楽しんで欲しいを考える方が多いと思います。その為には結婚式二次会で必要な予算を正確に把握しておかなくてはなりません。

 

 結婚式二次会の予算感を知ろう! 

 

結婚式二次会の予算の算出方法は比較的単純な方法で算出する事ができます。

 

会場費用 × 参加者人数 

ウェディングケーキなどのオプション

プチギフト × 人数

景品 × 必要な個数

 

上記の足し算で結婚式二次会の総予算が算出できます。

地域によって差がありますが東京・横浜などを例にした場合

会場費になるゲスト一人分の飲食代金予算は5,000円程だと思います。

二次会会場でのウェディングケーキの平均的な費用は30,000円程でしょう

結婚式二次会で配られているプチギフトは1つ300円程の品物が人気です。

結婚式二次会のゲームの景品の予算は人により違いはありますが、取り合えず30,000円程にしましょう。

ゲストの人数は東京や横浜の平均的な人数の60名としておきましょう。

 

さて、上記の条件を先程の計算式に当てはめてみましょう。

 


 

会場予算 60名×5000円=300,000円

ウェディングケーキ 30,000円

プチギフト 300円×60名=18,000円

景品 30,000円 

 

合計費用:378,000円

消費税10% 37,800円

 

結婚式二次会総額費用 415,800円

 


 

と、ザックリと結婚式二次会の総予算を算出する事ができました。

これが東京や横浜近郊で60名の結婚式二次会を行った場合の

最低限の予算になります。

 

高いと感じましたか?

 

では、次に会費を設定しましょう。

東京・横浜近郊の平均的な結婚式二次会の会費予算は6,500円です

 

6,500円×人数=当日の会費合計金額

 

ゲスト60名の想定で当てはめてみましょう。

 

6,500円×60名=39万円

 

ゲスト会費の合計金額は390,000円となりました。

次にこの金額から結婚式二次会の総合予算を引き算しましょう。

 

390,000 – 415,800=-25,800

 

マイナス25,800と出ました。

この金額が新郎・新婦の事項負担金額になります。

結婚式の二次会は会費制と言うスタイルで行われる為、支払いも当日現金精算の場合がほとんどです。

 

どうですか?

 

ここまで結婚式二次会の予算を把握できると不安も少なくなりませんか?

たった25,800円で会場を貸切りに出来て、みんなと楽しい時間を過ごせます。

この数字だけ見てしまうと、とてもお得なプランに感じますね!

 

費用の節約の話

 

では、ここから先の部分で結婚式二次会でやりがちなマナー違反についてお伝えしていきます。

 

 

 

 結婚式二次会でやってはいけないマナー違反 

 

結婚式二次会でやってはいけないマナー違反はコチラです。

 

 二次会を開催して儲けない事 

 

「そんなの当たり前じゃん!」と思うかもしれませんが、実際にこのような方は居ます。

 

会費制で行うパーティーの場合には会費を上げていけば、損益分岐を越えて利益がでます。

 

って商売じゃん!!

 

これでは、お手伝いしていた友達も嫌になりますよね。「バイト代を沢山支払えばOKでしょ」と言った方も居ましたが・・・どうなのでしょうか??

 

と言うか考え方がダメですね。

 

結婚式二次会は基本的には個人的な繋がりで行われる お祝いの会 になります。そもその結婚式二次会の幹事が友人が行う理由も、「友人が二人の為に作ってくれた、ありがたいお祝いの席」と言う意味合いが含まれています。

 

もちろん昔の話ですが・・・

 

時代の流れもありますが、そのマインドは今も一部引き継がれています。

 

その為、二次会を開催して個人的に儲けを出す行為はやってはいけないマナー違反になります。注意しましょう!

 

 

 

 

もう一つ注意すべきマナー違反があります。

それは、友人幹事さんに対する気遣いです。

 

 

結婚式二次会のプロに依頼した場合には関係のないお話しではあります。これは友人に幹事を依頼した場合には十分に注意が必要な事柄になります。

 

絶対にやってはいけないマナー違反②

 

〇 やってもらって当たりまえ

〇 命令口調になる

〇 お金を出させる

 

「えーこんなの普通じゃん」

と、思えた方は大丈夫です。

しかし、居ましたこのような方も・・・

 

新郎・新婦が・・・と言う場合もありましたが、

幹事さんの中に広告代理店にお勤めの方がいると

このような事になるケースが多いようです。

 

普段の仕事の感覚なのでしょうか?

 

「はい!あと15分で受付開始!準備大丈夫?」

 

と指示を出すだけで自分は動かない方を何度か見かけた事があります。

 

しかも、妙に慣れた感じでした。

 

多分いつもの仕事の癖ですね(笑)

 

 

周りの友人の小言もすごくて・・・

 

「自分も動けよ!」

「まじウザい」

 

と、聞こえるくらいの声で文句を言ってました。

 

幹事さんの人選も重要です。

 

 

 

これは一例ではありますが、

協調性がないのはちょっと厳しいですね。

友人の幹事さんは仕事じゃないし・・・

 

このように結婚式二次会の幹事を友人に依頼する際は

「やってもらって当たり前」はありません。

みんな忙しいなか手伝ってくれる訳です。

 

感謝の気持ちは忘れずに接しましょう。

 

二次会が無事に終了した後は

後日、幹事の皆様には慰労会なども

開催し労いの時間も必要です。

 

もちろん費用は新郎・新婦でお支払いをします。

 

結婚式の幹事さんの仕事は大変なんです!

 

結婚式二次会幹事のお仕事詳細

 

 

これも結婚式二次会の大切なマナーですね。

 

結婚式二次会のやってはいけないマナー違反2つをご紹介しました。

 

次にご紹介する項目はこれです。

 

 

 結婚式二次会で知っておくべき準備の段取り 

 

 

結婚式二次会で最も大切な事は準備の段取りです。

準備の段取りがしっかりしていなくては結婚式当日までに準備が終わりません。

 

そこでスムーズな結婚式二次会の段取りを紹介しましょう。

 

① 招待人数を決める

まずは結婚式二次会のゲスト招待人数を決めていきましょう。おおよその人数を決めてから会場を探し始めます。この作業が逆になると結婚式二次会の準備がスムーズにいかなくなります。80名声を掛けたら70名程の参加者・・・とおよそ5名~10名程はマイナスになると思ってみて下さい。

 

② 結婚式二次会の会場を決める

価格・立地・雰囲気でどんどん決めていきましょう。こだわり過ぎると決められないのである程度の妥協は重要です。ポイントをおさえて探すようにしましょう。

 

会場選びのコツを紹介

 

③ 幹事に依頼をする

会場を決めたらお友達または業者さんに幹事を依頼しましょう。幹事代行業者に依頼する事が前提であれば会場も一緒に探してもらう事も出来ます。

 

④ 結婚式二次会の会費を決める

会費設定をしましょう。総予算を考えながら適正な会費を設定していきます。

 

⑤ 招待状を出しましょう!

人数もある程度把握できて会場も決まって会費も設定したら、招待状をだしましょう。招待状の返信を見ながら最終の人数を決定していきます。

 

⑥ 結婚式二次会の進行を作る

進行を作ったら関係者全員に配ります。結婚式二次会の情報は全員でシェアします。

 

⑦ ゲームの準備をします

結婚式二次会のゲームの準備もしましょう。どんなゲームが良いのかなどをしっかりと幹事と話をしながら決めていきましょう。

 

2次会ゲームはこれで決まり

2次会ゲーム紹介

 

⑧ 景品の準備もしましょう

ゲームの景品も豪華すぎる必要はありませんが、ある程度の内容のものなど工夫をして準備を進めましょう。

 

⑨ プチギフトも忘れずに準備する

結婚式二次会のお見送りでゲストに配るアイテムです。300円前後が人気です。

 

⑩ 受付についてもしっかり段取りをする

受付は結婚式二次会よりもある意味大切な部分です。受付要員は多くて4名程必要です。ゲスト人数に合わせて人数の準備をしましょう。

 

 

ザックリと考えても10項目の準備が必要になります。

 

結構ありますね。

 

この他にも、つり銭の準備や司会者の台本作りやゲームの問題の準備などもしなくてはなりません。結婚式の二次会は準備が大変ですね。

 

細かく気の付く友人に幹事さんを依頼出来れば最高ですね!

 

結婚式二次会は幹事で決まる

 

結婚式二次会の幹事を頼まれた事のある友人が結婚式二次会を計画する際は幹事代行サービスを利用するパターンが多いと言われています。

 

 

 プロがこっそり教えます結婚式二次会の闇 

 

 

こんな統計をとった会社があります。

某2次会幹事代行大手さんです。

 

年間1000件以上の結婚式二次会を扱う会社さんがカウンターに相談しに来たお客様やゲストの皆様に地味にアンケートを書いてもらった結果のようです。数年前のアンケート内容ではありますが驚きますよね。

 

「嫌なら初めから断ってよ!」

 

って言いたくなりますね。

 

やっぱり日本人ですね!(笑)

 

「実は嫌だと思った」

 

と書いた人が86%って結構いますよね!

 

それくらいゲストの皆さんが忙しいという事ですね。

 

だから幹事代行サービスを利用する方も増える訳です。

 

 

幹事代行サービスを利用する新郎・新婦の半数以上がやはり結婚式二次会の幹事経験者!

 

しかし、どれだけ大変な思いをしたのでしょうか?(笑)

 

「そんなに嫌でしたか?」

 

と、聞いた事もありました。

 

「当日は折角おしゃれして行ったのにうっすら汗かいたし・・・会計ではお金足りないし・・・こっちがハラハラしました。あんな思いを友人にさせる訳にいきません」

 

これが本音ですよね。

 

幹事代行サービスは少し金額は上がりますが準備に手間もかかりませんのでとても楽しいパーティーが整います

 

幹事代行プラン説明

 

友人に結婚式二次会の幹事を依頼する前に無料相談でお話しだけでも聞いてみると良いかもしれません。

 

お気軽にご連絡下さい

無料相談はコチラから

 

 

 

  • 1.5次会・海外挙式のアフターパーティーなら会費WEDDING STYLE
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 結婚式 二次会 の予算とマナー説明書